まだLogicool製M570/M570tのチャタリングで消耗してるの?

-目次-

Logicool製M570/M570tのチャタリング問題

家ではMacなのですが、会社ではトラックボール(M570)を使っていて、快適だなーと思っていた日々が過ぎ去ったあと、ある日突然、

「クリック」→「ドラッグ」→「どろpp!?変なところに落とされた!?」

「ダブルクリッk!?あれ!?シングルクリック!?」

「しんぐるくりk!?ダブルクリック!?」

という感じでまじさつi・・(自主規制)ということで、M570のチャタリングについてぐぐると結構な記事があたって、大きく分けて二つの解決策が提示されているんですよ。

  • 接点修復材をスイッチ部にスプレーする
  • スイッチをそもそも変える

接点修復材を使うんだったら、半田ごてあるしスイッチ変えればよくね?なんで応急処置で済ませるの?と思ったんで、スイッチをポチることにしました。

交換用スイッチについて

amazonで簡単に買えるものはD2F-01F(カタログスペック上100万回以上)。 M570に使われているものはD2FC-F-7N(実測56万回程度で故障するらしい)。 おそらくカタログスペック上は同じ性能じゃないかなぁ。ま、ひとまずチャタリングで消耗しないことが目的なので、簡単に買えるD2F-01Fを今回は使った。 D2FC-F-7N(20M)というものは2000万回耐えるらしいが、本当かどうかは知らない。

ぽちぽち検索していくと以下のような記事が出てくる。以下が詳しい。

bto-pc.jp

・互換性のあるスイッチ

Omron D2Fシリーズ : D2F、D2F-F、D2F-01、D2F-01F

Omron D2FCシリーズ : D2FC-3M、D2FC-F-7N、D2FC-F-7N(10M)、D2FC-F-7N(20M)

日本製オムロンスイッチに交換可能なASUSのゲーミングマウス「ROG Gladius」レビュー|ものテクアーカイブス|パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】

ポチった。

そんなこんなでスイッチが届き、交換しました。

交換方法

これが今回の交換対象(M570)

裏返して5つのネジを外す(トルクスネジT6)。このトルクスネジはMacとかの裏蓋外すやつだったりするので、非常に汎用性が高いから、買っといたほうがいいですね。

フラットケーブル切らないように注意しましょう。切ったら大変です。

この二つのスイッチを交換します。半田吸い取り線などで、やれば手こずるけど、とれるはず。そして逆手順で戻して完成。

まとめ

M570のスイッチを交換しました。チャタリングしていてイライラしてましたが、交換後2ヶ月経過してますが、うまく動いてます。