読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

16年契約を続けたauからLine Mobileに変えた3つの理由

こんにちは、小田です。
この度、16年契約を続けたauからLine Mobileにキャリアを変更しました。おそくね?と思われるかもしれないんですが、出始めは怖いじゃないですか。そんな理由で放置していたのですが、ある日を境に本気でキャリア変更を考えるようになりました。ということで、まとめておきますね。

-目次-

1. なんと言っても月額料金が安い。

月々支払うことになるので、ある程度ベンチマークをしてからどちらが安くなるか、一時金がある場合は損益分岐点がいつになるか計算をします。損益をベンチマークしてみましたが、詳細に検討するまでもなくLine Mobileの方が安いです。圧倒的。という結論をみてから下記をみてください。

契約内容

auとLine Mobileの契約内容をまとめてからベンチマークしたいと思います。

auでの契約内容

auでは端末を買い取って、月々5GB、AppleCare+をつけています。したがって、こんな感じでしょうか。

  • スーパーカケホ 1,700
  • データ定額5 5,000
  • LTE NET 300
  • AppleCare+ 600
  • ここまでのトータルに消費税がかかる sum* 1.08 = 608
  • 毎月割 -2435
  • ユニバーサル使用料 2
  • 合計:5,775円

この消費税の計算はどういう根拠に基づいているのかきになるが、無視。

MNPするので一時的に支払う料金が以下です。

  • MNP転出手数料 3,000
  • 契約解除料 3,000※
  • 消費税 sum*1.08 = 480
  • 合計:6,480円

※ 契約解除料はこれが適用されました。

auご加入年数11年目以降で「誰でも割」と「家族割 (または「法人割」)」をセットでご加入の場合、契約解除料は3,000円となります。

そりゃ16年1ヶ月も契約しているから。

f:id:qwtnk:20170423195041p:plain

Line Mobileでの契約内容

Line Mobileは指定されたSNSの通信がカウントされないので、auで契約していた5GBより低めの3GBにすることにしました。コミュニケーションフリープランの契約内容としては下記です。

  • 3GB 1,690
  • 消費税 sum * 1.08 = 135
  • ユニバーサル使用料 2
  • 合計: 1,827円

安い。

契約に係り一時的な費用が発生します。発生するのは以下。

  • 登録事務手数料 3,000※
  • SIMカード発行手数料 400
  • 消費税 sum*1.08 = 272
  • 合計:3,672円

登録事務手数料は以下のエントリーパッケージを買ってエントリーコードを入力すると割引になります。私の場合は3,240円が990円になりました。エントリーパッケージは2種類あって、データ専用か通話を使うかで異なるので注意してください。

ベンチマーク損益分岐点

月額料金が圧倒的に安いのと、11年以上auを契約していたので解約手数料が安いのが効いて、5月には利益が出るという試算になっています。1ヶ月目が2017年4月です。12ヶ月後には約6万円もお得になります。キャリアを使っていても、結局機種変更をする時期は来るので、端末分は相殺して、月額料金の差額がそのまま利益になる感じでしょうか。

f:id:qwtnk:20170423230032p:plain

2. 大手キャリアのサポートが必要じゃないと思った。

iPhoneを使っていると基本的にAppleのカスタマーサポートがあるので、auのカスタマーサポートに電話をかけることはほとんどないんですね。auに電話するときといえば、例えば今回のようにMNPするときとか、機種変更のためのポイントが欲しいときとか。

simの不具合にはあったことがないので、根本的にAppleのカスタマーサポートでことが足りています。したがって、大手キャリアのサポートが必要な状態ではありませんでした。

ということは、auじゃなくてもいいってことですね。

あと重要な点は、auのカスタマーサポートは話が伝わらないことが多くてちょっと知識が不足していると思います。私は普通に使っている分にはなんら質問なんてしないんですが(例えば操作方法とか)、ちょっと契約がらみになって来るとauに質問したくなります。そういう時に背景知識が圧倒的に足りていない人が出て来ると、責任者出てこい!と思ってしまう。

以前iPhone 5s→iPhone 6sにした時に、24ヶ月未満で機種変更したんですが、その時は5sをauに買い取ってもらって、その差額分安くなるという状態で契約しました。必然的にAppleCare+の契約は不要になるはずなんですが、auのお姉さんはAppleCare+の契約を解除せず、一時的に6sと5sのAppleCare+を数ヶ月間重複して払っていたことがあります。

結局は返金処理をしてくれたんですが、担当部署をたらい回しにされたり、返金できませんとTELで回答したのにも関わらず、あとで偉い人が出てきて返金しますという対応になったりなんだかなーと思ってしまいました。結局は業務を請け負っている会社の能力不足なんでしょうけど、それを使っているauはダメなんでしょうかね。ま、やめるのでいいですけど。

3. 新しいことを経験したくなった。

MVNOが始まった頃は結構通話を使っていたり、端末がsimフリーじゃなかったりしたので、様子見というスタンスだったんです。最近の情報を仕入れてみるとだいたい情報が出尽くして色々なキャリアが出てきた感じです。

そして値段はかなり安い。変えよう。となったことが大きな原因ですかね。

変更してみて回線速度で不満を持てば何かしら考えると思いますが、この安さには叶わないと思いますね・・・。

注意点

注意点は以下くらいですね。ま、次回からはsimフリー端末を買うことになるでしょう。

  • キャリアで入ったAppleCare+は継続できません。